ガラス修理・交換

ガラスの微細な傷程度ならば、部分的にガラス修理をすることができます

大きなヒビ割れになってしまうとガラスそのものの交換になりますから費用もそれなりにかかります。
しかし、小さな傷ならば部分的に補修・修理作業ができるでしょう。
 
研磨作業をすれば、小さい傷は消えてくれますし、サッシのビートが経年劣化で腐食することを防止目的で
グレージングチャンネルを付け替えておくのもおすすめ。
これもガラス修理業者の仕事になります。ガラスの見た目を綺麗に保つだけではありません。
修理すれば長持ちして費用を抑えることができるわけです。
 
「小さな傷だからいいだろう」と放置しておくのが最も悪い対応です。
ガラスを小まめにチェックして修理することを心がけましょう。
そうすることでガラスを長期間、安全に綺麗に使用することが可能になります。
ガラスが大破して怪我をしてしまうような被害を最小限に押さえることができるのです。