ガラス修理・交換

小さなガラスの傷でも早めのケアが大事

ガラスが完全に割れてしまって、ようやくガラスを交換する場合もあるかもしれませんが、大事なことは小さな傷が見つかったら、
その都度、ケアをすること
です。
細かいヒビ割れが見つかれば、修理しておくことで傷が拡大していくことを防げるから。
 
最近のガラスはとても頑丈で固くできていますが、表面に細かい傷ができることがあります。
1箇所それができてしまうと次第に大きくなります。
人間の皮膚に傷が入っても自然治癒できますが、ガラスは自然に治ることがありません。
傷はずっと残りますので、ガラスの耐久力が限界にきて衝撃があると、傷が起点になって一挙に崩壊して破損するのでとても危険です。
 
ヒビ割れは微細な傷が原因でできてきます。
一度ヒビ割れになるとガラスは、とても脆くなってしまいます。
市販のガラス修理キットは販売されています。
その商品はスマートフォンの補修や車のフロントガラスの補修剤です。
窓ガラスを補修するようなものではありません。
 
一部の人達は、窓ガラスのヒビ割れ補修をするためにガムテープを使ったりします。
これは、あくまでも一時凌ぎ。見栄えも凄く悪く格好悪いし貧乏臭い印象です。
なによりも、微細な傷をそのままにしていると傷がどんどん大きくなって危険極まりありません。
 
安全のためにも、傷やひび割れが小さい時期にガラス修理をしておきましょう。
そうすれば、被害は最小限で済みます。
ビートも取り替えることで腐食を防止できます。
ガラス修理をすることで、随分と生活環境は改善しますし、無駄なお金を使うことはありません。